名刺入れはなぜビジネスマンの必需品なのか

   

名刺入れは、男女問わずビジネスマンには欠かせないアイテムの一つと言えるでしょう。ケースを買う際にはデザインに重点を置いて選ぶという方もいますが、使用する主な目的を考えておくとより自分に最適なものが選びやすくなります。そもそも、名刺入れというものは自分の名刺を入れておくため、そして名刺交換をした際にそれを収納するためにあります。そのため、収納量・取り出しやすさも含めた機能性を考慮する必要があるでしょう。特に名刺をスムーズに取り出せないと、相手によっては名刺交換の際にマナーの点で疑問を抱かれる可能性もあります。購入時に、自分が使用する名刺のサイズを確認すると間違いありません。次に、デザインなどの見た目です。特に上質な革製だと、スーツとの相性は抜群です。

男性向け名刺入れの選び方

男性向けの名刺入れの選び方のポイントを紹介します。
男性の場合、落ち着いた色合いのスーツを着てビジネスをすることが多いので、名刺入れのカラーも落ち着いた色が良いでしょう。黒や茶褐色でも、合わせやすく万人受けしやすいです。素材は革製が良いですが、色合い・材質がカジュアルすぎるものはビジネスには向いていません。エナメル素材は指紋が付きやすいのが難点です。
メーカーは一番難しいポイントです。相手によって反応が分かれる部分と言えるでしょう。高級ブランドの製品は、あまり好ましく思わない人もいます。反対に見てすぐに安価だと分かる名刺入れを使用していても、良いと思わない人もいます。ですから個性を出すことを必要とされない職業の場合はスタンダードなメーカーをチョイスするのが無難でしょう。

女性向け名刺入れの選び方

女性向けの名刺入れの選び方のポイントを紹介します。色はクリーンな印象をもたらしてくれる白もいいですが、汚れが目立ちます。特に女性の方は痕が目立つことがあるのがデメリットです。そのため気になる方は暗めの色がおすすめです。社会人経験年数を重ねていき、アパレルなどおしゃれに重きを置く職業に就いた際には、楽しむことを兼ねた遊び心のある名刺入れを活用しても良いでしょう。その場合は、服装や鞄などの他のポイントに落ち着いたデザインのものを選ぶことで、相手にきちんとした印象を与えることができます。
名刺入れの収納枚数は30枚程度が理想です。厚みにもゆとりがあるタイプだと、名刺が折れにくく使いやすさも感じられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

名刺入れにおける営業マンのマナー講座

名刺入れは、営業マンには欠かせないアイテムの一つです。取引先やお客さんと商談をする際には、はじめに名刺交換からはじまります。名刺入れ一つで相手に与える印象は異なります。まずは、営業マンが選んではいけな...

用途別に考えるおすすめのレザー名刺入れ

名刺入れの種類の一つとして、レザータイプがあります。牛革からつくられた素材ですが、美しさ・強度においても高い価値があります。革の財布でも形などはさまざまですが、例えばササマチ、通しマチといった種類があ...

名刺入れのコードバンの特徴

名刺入れの素材は複数ありますが、コードバンも性別・年齢を問わずに人気がある素材の一つです。特徴は重厚感のある雰囲気だけでなく、牛革の3倍の強度があり、耐性にも強いことです。薄くて軽くて丈夫な点も特徴で...

年代別名刺入れの高級感をもたらすポイント

名刺入れはビジネスにて欠かせないアイテムですが、年代別に高級感をもたらすポイントを紹介します。20代の場合は、ハイブランドの値段が高い名刺入れを選んで、1点豪華主義で高級感を出すというよりも、値段は安...