名刺入れにおける営業マンのマナー講座

   

名刺入れは、営業マンには欠かせないアイテムの一つです。取引先やお客さんと商談をする際には、はじめに名刺交換からはじまります。名刺入れ一つで相手に与える印象は異なります。まずは、営業マンが選んではいけないタイプの名刺入れを紹介します。営業は名刺交換の頻度が高い職業ですので、いつも新品のように綺麗な名刺入れを持っておくのが好ましいでしょう。とは言っても名刺入れを何度も買い替えることは難しい方も多いでしょうから、革製の丈夫なものを選ぶことをおすすめします。本革を使用した商品はお値段がはりますが、先々のことを考えるとコスパが良いのです。日頃からこまめにお手入れをすれば、その分長く綺麗な状態を保つことができますし、アルミ製などの皮以外の素材のものと比べてお直しをしてくれる業者が多くありますので、修繕しながら同じものをずっと使うことができます。

営業マンにおすすめの名刺入れ

営業マンの使用する名刺入れでおすすめなのは、色は黒や淡い色など落ち着いたタイプが良いでしょう。商談の場では名刺入れをテーブルに置いて進めていきますから、名刺入れが目立つと良くありません。
素材選びですが、革製が好まれます。高くても数万円ですが営業マンの場合は長期間使用するなら、購入時少々無理しても相手に与える印象を考えるとおすすめです。予算が付かなかったり営業マンとしてスタートラインに立ったばかりの方は、合成でも良いでしょう。買い換えどきに革製に買い替える方法もあります。
仕切りの有無を考えることも大切ですが、自分のとお客さんのとを分けておくことで交換の際にスムーズに行いやすいです。仕切りが複数だと、管理がしにくくなる点がデメリットです。

営業マンが名刺入れを購入するお店と使い方

名刺入れを購入する方法ですが、近年ではインターネットからの購入も出来ます。定価よりも安く購入できるものが多く、サイトのクーポンを使用すると更に割引が見込めます。素材や大きさについても予め説明されており、確認は問題ありません。中には革製品を中心に取り揃えているところもあり、革製品を買いたい場合には自分好みの名刺入れを探しやすいです。一方、届くまで数日かかりますから、急に必要な際には向いていません。返品交換にも手間がかかります。
スーツ販売店や専門店でも直接購入することも出来ます。革製など素材の手触りを確認できるため、使用する場面でのイメージを抱きやすいです。一方、品揃えの点でデメリットに感じることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

名刺入れにおける営業マンのマナー講座

名刺入れは、営業マンには欠かせないアイテムの一つです。取引先やお客さんと商談をする際には、はじめに名刺交換からはじまります。名刺入れ一つで相手に与える印象は異なります。まずは、営業マンが選んではいけな...

用途別に考えるおすすめのレザー名刺入れ

名刺入れの種類の一つとして、レザータイプがあります。牛革からつくられた素材ですが、美しさ・強度においても高い価値があります。革の財布でも形などはさまざまですが、例えばササマチ、通しマチといった種類があ...

名刺入れのコードバンの特徴

名刺入れの素材は複数ありますが、コードバンも性別・年齢を問わずに人気がある素材の一つです。特徴は重厚感のある雰囲気だけでなく、牛革の3倍の強度があり、耐性にも強いことです。薄くて軽くて丈夫な点も特徴で...

年代別名刺入れの高級感をもたらすポイント

名刺入れはビジネスにて欠かせないアイテムですが、年代別に高級感をもたらすポイントを紹介します。20代の場合は、ハイブランドの値段が高い名刺入れを選んで、1点豪華主義で高級感を出すというよりも、値段は安...