用途別に考えるおすすめのレザー名刺入れ

   

名刺入れの種類の一つとして、レザータイプがあります。牛革からつくられた素材ですが、美しさ・強度においても高い価値があります。革の財布でも形などはさまざまですが、例えばササマチ、通しマチといった種類があります。ササマチは名刺入れの底が細くなっているタイプであり、スマートな印象を与えます。また、スーツのポケットに入れる際にもスムーズに入るので、常に名刺を携帯しなければいけないビジネスマンにおすすめのタイプです。通しマチはマチが大きく広がるタイプであり、多くの名刺を収納する方にぴったりです。他にも最低限の名刺しか持ち歩かない人におすすめのマチがないタイプのものもあります。しかし、名刺入れを売っている業者でも大抵この2種類を取り扱っているところが多いので、用途に合わせて選ぶことが大切です。

レザー名刺入れのアフターケアの注意点

レザー名刺入れをアフターケアする際の注意点を紹介します。雨などで濡れてしまった場合、革本来の脂分が抜けてしまいシミ・ごわつきの原因になりますが、ドライヤーをあてて乾燥させることはやめて下さい。レザーはもともと動物の革ですから、高温に弱いことが特徴です。
革はとても繊細な素材です。ほっておいても脂分が抜けてしまい人間と同じで乾燥肌になります。表面のがさつきがが気になる際には、クリームなどの専用オイルでほぐしていくと良いです。直接あてることはなく、柔らかい布で薄くなじます程度に塗るだけで充分です。概ね月一回程度の手入れで、長期間レザー素材を使用できます。

レザー名刺入れのアフターケアを専門業者でする場合

自分でアフターケアをすることが難しかったり、プロの技での手入れをしたい方は、専門業者に依頼する方法もあります。料金は相応にかかりますが、レザーなどの名刺入れの素材に合わせたケアを施してくれます。特に、特殊品及び大切な名刺入れで末永く使用したい方にはおすすめです。生活場面で名刺入れをカバンに保管している場合、他の素材からの色移りやインクシミは、家庭での手入れでは難しいです。専門業者なら対応可能な場合が多いです。業者によっては高品質な仕上がりはもちろん、修理箇所があれば対応してもらえますから、新品同様の仕上がりも可能です。
無料で見積もり・作業の流れを確認することが出来る業者が多いです。その上で、アフターケアを依頼する方法もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

名刺入れにおける営業マンのマナー講座

名刺入れは、営業マンには欠かせないアイテムの一つです。取引先やお客さんと商談をする際には、はじめに名刺交換からはじまります。名刺入れ一つで相手に与える印象は異なります。まずは、営業マンが選んではいけな...

用途別に考えるおすすめのレザー名刺入れ

名刺入れの種類の一つとして、レザータイプがあります。牛革からつくられた素材ですが、美しさ・強度においても高い価値があります。革の財布でも形などはさまざまですが、例えばササマチ、通しマチといった種類があ...

名刺入れのコードバンの特徴

名刺入れの素材は複数ありますが、コードバンも性別・年齢を問わずに人気がある素材の一つです。特徴は重厚感のある雰囲気だけでなく、牛革の3倍の強度があり、耐性にも強いことです。薄くて軽くて丈夫な点も特徴で...

年代別名刺入れの高級感をもたらすポイント

名刺入れはビジネスにて欠かせないアイテムですが、年代別に高級感をもたらすポイントを紹介します。20代の場合は、ハイブランドの値段が高い名刺入れを選んで、1点豪華主義で高級感を出すというよりも、値段は安...