旅行代理店、きっと以前よりお客さまは減っていると思います。
特に団体旅行が減っている現在は、お客さまを集めることが非常に難しいものと思います。
また、団体を扱うと言うことで、大きな金額が動くのです。
旅行先さのホテルとの契約などと難しい局面に立たされているのではと思います。
日本人も旅慣れをして来たと思われます。
今までですと、旅行代理店が組んだ工程で満足いく人も多かったかも知れません。
ですが、何度も旅を経験すると、普通の団体旅行では満足のいかないことも多くなるのでしょう。
またパソコン、インターネットの発達が代理店を苦しませているのです。
個人旅行では、インターネットのホームページから直接申し込むお客さまが増えたと言うことです。
自分の希望を自分で探す、そんなことが出来るのがインターネットの特徴でもあるのです。
そして数多くの代理店からの案内を比べることも出来るのです。
金額だけでなく、部屋の良し悪し、料理の違いなども簡単に比較出来るのです。
このようにインターネットが代理店の役目をしてしまう時代です。
旅行代理店は、大変なのです。