日本人にとっての別荘とは、避暑、避寒、休養、ステイタスを目的として気候や風景の良い土地に作られた建物をさします。ステイタスを求める場合には、有名な避暑地に豪華な邸宅を建てて夏や冬をその邸宅で過ごします。日本では軽井沢などが有名です。海の近くの別荘の場合は豪華なヨットやクルーザーを所有し、休暇を楽しめる場所となります。別荘の日本での意味としては、日本人の所得水準により、地域や建物の水準が変わってきます。高額の所得者はバカンスを楽しむための一等地を所有し、交通の便も良い所で何不自由なく楽しむということを目的に所有します。中流の所得者は、自宅が一等地などでも狭く生活もくつろげないので、休暇の期間自然のある広々としたところで過ごすことを目的に所有します。西洋の場合の別荘は長い休暇を楽しむためのバカンスの目的で使用する居住スペースですが、日本の場合は、富のステータス、シンボルという意味が強く、別荘を所有するということ自体に意味を置き、バカンスを楽しむという面は二次的なものになります。西洋では景気などの関係なくバカンスが生活の一部ですが、日本の場合は経済的な背景により別荘の所有や意味が変わります。日本人の場合あくまでも富のシンボルです。