名刺入れのコードバンの特徴

   

名刺入れの素材は複数ありますが、コードバンも性別・年齢を問わずに人気がある素材の一つです。特徴は重厚感のある雰囲気だけでなく、牛革の3倍の強度があり、耐性にも強いことです。薄くて軽くて丈夫な点も特徴で、長く使いやすいです。
輝きをもたらしますが、新品の名刺入れにはその効果がありません。使い続けることで、手の油分がいきわたりとろりとした手触りと艶やかな雰囲気が得られます。この点も人気な要素の一つです。
一方、コードバンの名刺入れに弱点はあります。水に弱く雨水に打たれるなどで斑点のような水シミが残ります。早めに拭き取らないと、除去が難しいです。また、夏場に汗をかきますが、汗に含まれる塩分・アンモニアは変色を引き起こしやすいです。カバンの中など、汗の影響を受けにくい場所に保管することがおすすめです。

コードバン名刺入れのお手入れ

コードバン名刺入れを使用するにあたり、毎日のメンテナンスをすることで長期間使用することが出来ます。普段のお手入れをする際には、柔らかいクロスでの乾拭きで問題ありません。その際に力加減をして磨かないと、傷をつけてしまいます。ブラシを使用する場合は、埃を取り除く程度で良いです。
コードバンは毎日使用するにあたり、手の脂分により艶出し効果ををもたらしますから、オイルなどは不要です。一方、長期間使用しない場合は乾いてしまい色あせを引き起こしかねません。専用クリーナーで油分を足したり、保管場所も乾きの影響を受けにくいところにすると良いです。
コードバンの名刺入れは傷つきやすいですが、使い続けることで雰囲気が勝ることも一つの特徴です。

コードバンの名刺入れは希少価値が高いです

コードバンの名刺入れの特徴は、希少価値が高いことも一つの要因です。原料は馬のお尻から出来るシェル層からつくられていますが、馬全体の2割程度しか採れません。そのため、1頭の馬から採れる量も少ないです。その上、採ることが出来る馬は農耕馬だけです。自然の環境下で育てられた馬からのみ、採取しています。
名刺入れの皮革は概ね表裏が重なった二層構造ですが、コードバンにはそれがありません。普通に使用していても歪みや型崩れが起きにくく、定期的なメンテナンスをすることで長期間使用できます。その上層がスリムなため、軽くて使いやすい点も魅力的な要素です。一方、その分価格も相応に高めの設定をしている場合が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

名刺入れにおける営業マンのマナー講座

名刺入れは、営業マンには欠かせないアイテムの一つです。取引先やお客さんと商談をする際には、はじめに名刺交換からはじまります。名刺入れ一つで相手に与える印象は異なります。まずは、営業マンが選んではいけな...

用途別に考えるおすすめのレザー名刺入れ

名刺入れの種類の一つとして、レザータイプがあります。牛革からつくられた素材ですが、美しさ・強度においても高い価値があります。革の財布でも形などはさまざまですが、例えばササマチ、通しマチといった種類があ...

名刺入れのコードバンの特徴

名刺入れの素材は複数ありますが、コードバンも性別・年齢を問わずに人気がある素材の一つです。特徴は重厚感のある雰囲気だけでなく、牛革の3倍の強度があり、耐性にも強いことです。薄くて軽くて丈夫な点も特徴で...

年代別名刺入れの高級感をもたらすポイント

名刺入れはビジネスにて欠かせないアイテムですが、年代別に高級感をもたらすポイントを紹介します。20代の場合は、ハイブランドの値段が高い名刺入れを選んで、1点豪華主義で高級感を出すというよりも、値段は安...