年代別名刺入れの高級感をもたらすポイント

   

名刺入れはビジネスにて欠かせないアイテムですが、年代別に高級感をもたらすポイントを紹介します。20代の場合は、ハイブランドの値段が高い名刺入れを選んで、1点豪華主義で高級感を出すというよりも、値段は安くても落ち着いた印象の色合いの名刺入れや鞄、スーツを選ぶことで総合的にきちんとした印象を与えるようなアイテム選びを心がけましょう。余裕がある方は長く使うことを見越して高価な名刺入れを購入しても問題ありませんが、無理をして高いものを購入することはありません。どのようなものを選べばいいのかわからない方は会社の先輩などに相談して選んでみてもいいでしょう。30代になると高級感のあるアイテムを選ぶようにシフトしていきます。20代の頃に使っていた名刺入れも丁度買い替えの時期です。金銭的にゆとりが出てくる人も多くなりますので、ハイブランドなアイテムを選んでもいいでしょう。目立ちすぎないものを選ぶとどのような場にもなじみます。40代を過ぎたら、自分に合ったこだわりのアイテムを使用しても良いでしょう。オーダーメイドもオススメです。

名刺入れに高級感をもたらすポイント

年代が高くなるにつれて、品格に合った名刺入れを使用することでビジネス場面での価値を高めることができます。その上で少しの気遣いをすることで、更に相手への印象を良くします。名刺香というアイテムを名刺入れにしのばせることで、良い香りをつけることが出来ます。そうすることでデザインだけでなく香りによって楽しむこともできるのでおすすめです。ただし、ほどほどにしないと香りがきつくなります。また、素材にこだわることも大切です。ブランド・革製は好まれますが、長く使用するとユーズド感が出ます。この場合は一つの買い替えの目安です。

名刺入れに高級感を出すアイテム

名刺入れに高級感を出すためには日頃のメンテナンスが必要です。特に革製タイプの場合は使い込むと味わいが出ますが、手入れをしないと傷みを与えるだけになります。ブラシは汚れ・埃を落とす上で必要です。クリーナーと組み合わせて使用することで、艶だしや保護する際に高い効果を得られます。雨の時に持ち運びをする際には、防水スプレーをかけると、雨水から保護する効果があります。それぞれに素材に合わせたアイテムがあります。用途に合わせて使用することでさらに高い効果をもたらします。お手入れの仕方についてわからない場合は、目立ちにくい場所及びユーズドタイプの名刺入れを使って試してみることも一つの方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

名刺入れにおける営業マンのマナー講座

名刺入れは、営業マンには欠かせないアイテムの一つです。取引先やお客さんと商談をする際には、はじめに名刺交換からはじまります。名刺入れ一つで相手に与える印象は異なります。まずは、営業マンが選んではいけな...

用途別に考えるおすすめのレザー名刺入れ

名刺入れの種類の一つとして、レザータイプがあります。牛革からつくられた素材ですが、美しさ・強度においても高い価値があります。革の財布でも形などはさまざまですが、例えばササマチ、通しマチといった種類があ...

名刺入れのコードバンの特徴

名刺入れの素材は複数ありますが、コードバンも性別・年齢を問わずに人気がある素材の一つです。特徴は重厚感のある雰囲気だけでなく、牛革の3倍の強度があり、耐性にも強いことです。薄くて軽くて丈夫な点も特徴で...

年代別名刺入れの高級感をもたらすポイント

名刺入れはビジネスにて欠かせないアイテムですが、年代別に高級感をもたらすポイントを紹介します。20代の場合は、ハイブランドの値段が高い名刺入れを選んで、1点豪華主義で高級感を出すというよりも、値段は安...